トピックス

『IT導入補助金2024』初心者ガイド(1)申請前に準備すべき5つのポイントをわかりやすく解説

2024年のIT導入補助金申請を検討している皆様へ。

IT導入補助金2024を申請するにあたり、「書類の準備」や「各種オンライン手続き」を事前に済ませる必要があります。この準備を怠ると、申請が通らない可能性が高まり、最悪の場合、審査で落とされることもあります。

しかし、適切に事業を運営していれば、これらの準備は難しいものではありません。この記事では、段取り良く手続きを進めるために必要な5つのポイントをわかりやすく解説します。

はじめに

IT導入補助金2024』には5つの枠があります。

  • 通常枠
  • インボイス枠(インボイス対応類型)
  • インボイス枠(電子取引類型)
  • セキュリティ対策推進枠
  • 複数社連携IT導入枠

本記事では、補助率が高く、小規模事業者の方に一番利用される『インボイス枠(インボイス対応類型)』前提で解説します。

『インボイス枠(インボイス対応類型)』とは

『インボイス枠(インボイス対応類型)』には以下のような特徴があります。

  • 他の枠に比べると補助率が高い
  • パソコン・タブレット、また、POSレジなども補助対象になる
  • インボイス制度に対応している、対応予定である必要がある

補助額・補助率

インボイス制度に対応した会計・受発注・決済ソフト

補助率補助額
中小企業  :3/4以内
小規模事業者:4/5以内
50万円以下
※会計・受発注・決済の1つ以上必須
2/3以内50万円超〜350万円以下
※会計・受発注・決済の2つ以上必須

PC・ハードウェアなど

補助対象補助率補助額
PC・タブレット等1/2以内10万円以下
レジ・券売機等20万円以下

【ポイントその1】gBizIDプライム

  • IT導入補助金を申請するにはgBizID(ジービズアイディ)プライムが必要です
  • gBizIDの準備には郵送申請オンライン申請の2種類があります
  • 郵送申請はID発行までに1週間以上かかりますのでオンライン申請を強くオススメします
  • オンライン申請にはマイナンバーカードが必要になります

【ポイントその2】インボイス制度

  • 『インボイス枠(インボイス対応類型)』での申請には、インボイス制度に対応済み、もしくは、実績報告までに対応する必要があります
  • 『インボイス枠(インボイス対応類型)』オススメの理由は、補助率が高い
  • インボイス非対応の場合、通常枠(補助率1/2)
  • インボイス制度」については、税理士・会計士などにご確認ください。

【ポイントその3】書類の準備(法人の場合)

IT導入補助金は、法人と個人事業主により必要書類が変わります。ここからは法人の必要書類について解説します。

【必要書類①】履歴事項全部証明書×1部

  • 申請には3ヶ月以内に発行した「履歴事項全部証明書」が1部必要です
  • 申請日から逆算して3ヶ月以内です
  • 取得した証明書はPDF化してください

【必要書類②】納税証明書(その1またはその2)×1部

  • 「納税証明書(その1)」もしくは「納税証明書(その2)」が1部必要です
  • 直近分のものに限ります
  • 「1期の決算を迎えたうえで提出すること」が条件なので起業1年目は申請できません
  • 税務署にて発行されているものに限ります
  • 県税・市税ではありません(※県税・市税の証明書は不要)
  • 取得した証明書はPDF化してください
iPhoneでPDFを作る方法

【ポイントその3】書類の準備(個人事業主の場合)

個人事業主は法人とは異なる書類を準備いただきます。混同しないようお気をつけください。

【必要書類①】身分証明書

  • 運転免許証 / 運転経歴証明書 / 住民票」のいずれか1つをご準備ください
  • 運転免許証は有効期限内のものに限ります
  • 運転経歴証明書・住民票は申請日から逆算して3ヶ月以内のものに限ります
  • 取得した証明書は写真撮影、もしくは、PDF化してください

【必要書類②】納税証明書(その1納税額等照明用またはその2所得金額用)×1部

  • 「納税証明書(その1納税額等証明用)」もしくは「納税証明書(その2所得金額用)」が1部必要です
  • どちらでも構いません。どちらか1部のみご準備ください
  • 直近分のものに限ります
  • 「1期の決算を迎えたうえで提出すること」が条件なので起業1年目は申請できません
  • 税務署にて発行されているものに限ります
  • 県税・市税ではありません(※県税・市税の証明書は不要)
  • 取得した証明書はPDF化してください

【必要書類③】確定申告書 第一表の控え

  • 令和5年度分の『確定申告書 第一表の控え』をご準備ください
  • 準備した書類はPDF化してください
確定申告書の注意点

以下のいずれかによる税務署の受領がわかることを確認してください。

【ポイントその4】SECURITY ACTION

「情報セキュリティ対策支援サイト」という別ページでのオンライン作業です。gBizIDと同一内容でのアカウント登録が必要になります。

  • IT導入補助金の申請に必要な「自己宣言ID」を取得することが目的です(利用者IDではありません)
  • gBizIDで登録したメールアドレスをご利用ください
  • SECURITY ACTIONの自己宣言サイトにアクセスしアカウント登録してください
  • 画面の指示に従い進めてください
  • 途中「一つ星 / 二つ星」の選択を求められますが、どちらを選択しても構いません
  • ロゴマークのダウンロードを提案されますが、補助金申請には関係ありません
「自己宣言ID」の取得には1週間かかります!

2024年7月4日より、「自己宣言ID」の取得には、1週間程度かかるようになりましたので、ご注意ください。

【ポイントその5】みらデジ

こちらも「みらデジ」という別サイトでのオンライン作業です。「みらデジ経営チェック」を実行していることが補助金申請に必要な条件となっています。

アカウント登録・gBizIDと連携

  • みらデジのアカウント登録を進めてください(アカウント登録はこちら
  • gBizIDで登録したメールアドレスをご利用ください
  • gBizIDとの連携が必要です

『みらデジ経営チェック』を実行

  • みらデジにログインします
  • みらデジ経営チェックを始めてください(みらデジ経営チェックはこちら
  • 量多めのアンケートが始まります
  • 経営状況に応じたアンケートにご回答ください

まとめ

以上が、IT導入補助金2024を申請する前に準備すべき5つのポイントです。ココまで事前準備された方、お疲れ様でした。

次のステップは、交付申請手続きになります。詳しくは、以下のリンクからご覧ください。

引き続き、スムーズな申請を目指して頑張ってください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着
特集
  1. 複雑な交付申請手続きを図解で攻略!『IT導入補助金2024』初心者ガイド(2)

  2. 『IT導入補助金2024』初心者ガイド(1)申請前に準備すべき5つのポイントをわかりやすく解説

  3. Site Kit by Google(WordPressプラグイン)の初期設定で404エラーが出たときの対処法、初期設定方法も一緒に解説

  1. 【WordPress】募集サイト・求人サイト・リクルートサイトが作れるTCDテーマ「MASSIVE」を研究してみた!

  2. 【WordPress】会員サイト・コミュニティサイト・WEBメディアなど多様なサイトが作れるTCDテーマ「ZOOMY」を利用者だから判る視点で解説します!

  3. 【WordPress】TCDテーマ「GENSEN」でポータルサイトやWebマガジン、オウンドメディアを簡単に作ろう!

TOP