トピックス

【速報】Thread(スレッズ)のアカウント登録方法をカンタン解説!

2023年7月6日の朝8時、Meta社はInstagramのTwitter版として注目を集める新しいSNS『Threads(スレッズ)』をリリースしました。このアプリは、テレビのニュースやワイドショーでも頻繁に取り上げられ、わずかな時間で情報が一気に広がりました。

ここでは、Threadsの”簡単すぎる”と話題のアカウント作成手順について詳しく解説していきたいと思います。

アカウント作成は簡単かつ迅速に完了!

Threadsのアカウント作成する上で、他のSNSと大きく違う点が1つあります。Threadsを利用するためにはInstagramのアカウントが必須ということです。

つまり、Instagramのアカウントを持たない方は、Threadsに参加できないということです。

開発したMeta社は、”ThreadsはInstagramアカントの延長であるため、その繋がりを保証するためにこのポリシーが存在する”と述べています。Facebookを開発したマーク・ザッカーバーグ氏ならではの戦略なのかなと感じて仕方ないです。

そんなきな臭いウワサは別の話として、まずは、アカウント作成を進めていきましょう。

お詫び
※急ぎ準備しましたのでココではiPhone前提での解説となります
※Androidは未確認ですが、大きく違わないだろうという推測のもと、解説させていただきます

魅惑のオープニング画面

アプリをインストールし、起動すると、とても特徴的なオープニング画面が目に飛び込んできます。

画面下部には既に利用しているInstagramのアカウントが表示されています。

当社では複数のアカウントを管理しているので、今回は「アカウントを切り替える」機能を使用して別のアカウントを選択してみました。

Instagramアカウントを選択して始めましょう!

既にお持ちのInstagramアカウントが画面上に表示されます。

なお、前述の通り、Threadsを利用するためには必ずInstagramアカウントが必要です。Threads独自のアカウント登録は行えませんので、ご注意ください。

InstagramアカウントでThreads(スレッズ)アカントを作る|株式会社シーサイド〜おんせん県のホームページ制作会社
ワンポイント

これまでに収集したアカントに関する情報をお知らせします

  • Threadsは単独でアカウントを作れません
  • Threadsアカウントを作るにはInstagramアカウントが必ず必要です
  • Instagramアカウントを複数お持ちの場合は、いずれかを選択できます
  • Threadsを消すためには連動したInstagramも消すことになるらしいですのでご注意ください
  • Threadsアカウントを利用停止にすることは可能です

Instagramプロフィールを簡単にインポート!

アカウント登録をスムーズに行うため、「Instagramからインポート」というボタンが用意されています。この機能は、2つのアプリを提供する会社ならではの強みですね。

通常、プロフィールの作成には手間や時間がかかりますが、この機能のおかげで簡単にプロフィールをインポートできました。かなりストレスフリーな助かる機能ですね!

Instagramアカウントからプロフィール情報をインポートできる|株式会社シーサイド〜おんせん県のホームページ制作会社

プロフィールが秒殺で完成!

Instagramのプロフィールがちゃんと正しく反映されています!

名 前テキスト部分はインスタとシンクロしているので変更できません。
アイコンは変更可能です。
自己紹介自由に変更可能です。
リンク変更可能、リンク先は1つまでです。
入力フォームをタップすると「URLをスキャン」と表示され、カメラが起動します。
パソコン画面のURLを読み取ってくれます。

リンクURLを2つ登録することができるのか試してみましたが、現時点では1つしか登録できませんでした。

Instagramプロフィールがバッチリ反映されてます!|株式会社シーサイド〜おんせん県のホームページ制作会社

プロフィールの公開/非公開設定

この機能は「プライバシー設定」として提供されていますが、Twitterの鍵アカウント(非公開アカウント)の設定と同じですね。

利用者は、プロフィールを一般公開するか、またはフォロワーのみに閲覧可能にするかを設定することができます。

プロフィールの公開・非公開(鍵アカ設定)を選べます|株式会社シーサイド〜おんせん県のホームページ制作会社

インスタのフォローを継承できます

この機能については特に詳しい説明は必要ありませんね。Instagramで既にフォローしているユーザーを、Threadsでもフォローするかどうか、または個別にフォローするかの選択ができます。

特に強いこだわりがなければ、デフォルトの「すべてフォロー」を選択しておけば問題ありません。手間を省くために便利な機能ですね。

Instagramと同じ方をまとめてフォローできます|株式会社シーサイド〜おんせん県のホームページ制作会社

「Threadsのしくみ」

何やら意味不明な説明がありますので、こちらにテキストを転記いたします。コピペしようと試みましたが、うまくいきませんでしたので、手作業で文字起こしいたします。

Instagramにより提供

ThreadsはInstagramプラットフォームの一部です。あなたのThreads情報とInstagram情報は、ThreadsやInstagram全体での広告や他の体験のパーソナライズに使用されます。

フェディバース

Threadsの今後のバージョンでは、Mastondon等の他のプラットフォームを利用している人ともフォローややり取りができる、新しいソーシャルメディアネットワーク、フェディバースを利用できるようになります。

あなたのデータ

Threadsに参加することでMeta利用規約およびThreadsの利用規約補足条項に同意するものとし、MetaプライバシーポリシーおよびThreadsのプライバシーポリシー補足条項を読んだことを確認するものとします。

ここで注目すべきは、2段落目の「フェディバース」の項目です。まだ概念的な情報しか見つかりませんでしたが、どうやら異なるSNS同士でフォローできる仕組みのようです。「フェディバース」に関しては、新しい情報を入手でき次第、報告したいと思います。

「Threadsのしくみ」|株式会社シーサイド〜おんせん県のホームページ制作会社

作業完了、Threadsの始まりです!

ついに、Threadsの始まりです。

先程の手順を最短で行ってみたところ、約25秒でアカウントの作成が完了しました! Instagramを利用していた方にとっては、非常に敷居が低く、簡単に始めることができることを実感しました。

一方、Twitterユーザーの方々は、イーロン・マスク氏の動向も加わって波乱の渦中にいることが容易に想像できますね。

Threads開始です!|株式会社シーサイド〜おんせん県のホームページ制作会社

Threads(スレッズ)の機能について

Threadsの機能や仕様については、当社が運営するかぼすネットにレビュー記事を書きましたので、そちらをご参照いただければ思います。

まとめ

新たなSNS『Threads(スレッズ)』のアカウント作成手順について、詳しく解説してきました。

このサービスはまだスタートしたばかりでありながら、既に期待値が高く、メディアからも注目を浴びています。今こそThreads(スレッズ)を始めて、時代の先取りを体験してみませんか。くれぐれもClubhouseのような展開にはならないことを心から願っています(笑)

フォローお願いします!

最後に、当社が運営するWebメディア「かぼすネット」のThreadsアカウントをご案内いたします。記事が役立ったと感じられた方はフォローしていただければ幸いです。

▼かぼすネットのThreadsアカウントはこちら
https://www.threads.net/@oita.kabosnet

それでは、Threadsワールドをお楽しみください!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着
特集
  1. Site Kit by Google(WordPressプラグイン)の初期設定で404エラーが出たときの対処法、初期設定方法も一緒に解説

  2. 初めての「IT導入補助金2023」初心者ガイド(1)個人事業主もOK!補助額や対象事業者・対象外事業者について解説

  3. 【初心者向け】Google公認!?ContactForm7で設定したreCAPTCHAのロゴ(バッチ)を非表示にする方法

  1. 【WordPress】TCDテーマ「SOLARIS」使ってみた!サービスや商品がたくさんあるコーポレートサイト制作に最適

  2. 【WordPress】TCDテーマ「GENSEN」でポータルサイトやWebマガジン、オウンドメディアを簡単に作ろう!

  3. 【WordPress】会員サイト・コミュニティサイト・WEBメディアなど多様なサイトが作れるTCDテーマ「ZOOMY」を利用者だから判る視点で解説します!

TOP